今、借りてる銀行で住宅ローンの借り換えはできる?

住宅の画像

同じ銀行で住宅ローンの借り換えは可能なのでしょうか。

金利のタイプを変更するのであれば変動金利から固定金利に変更することができます。

固定金利の場合はそのタイプの金利で支払う期間が過ぎると変更することができます。

では、金利ではなくて返済条件を見直して借り換えという場合はどうでしょうか。

どういうことかと言いますと、今ローンを返済している銀行でさらに有利な条件の新商品が出てくるとどうしても乗り換えたくなってきます。

特に同じ銀行内であれば諸費用の支払いも必要ないのではないかと考える人さえ存在します。


借り換えはできないけど、返済を減らす方法はる!

しかし残念なことに同一銀行内で住宅ローンを乗り換えることはできません。

では同一銀行内で金利を低くする方法は無いのかと言うと、金利はわかりませんが少なくとも銀行と交渉することで返済を軽減できる場合があるのです。

これまでは途中で返済方法を変更できるのはフラット35等のローンだけでしたが、最近では返済が苦しい期間は利息だけの返済に変更してもらったり、もしくは返済年数をさらに延ばしてもらうことができるようです。

このため、ローンの契約を結んだ時と違って現在の経済状況が苦しい場合は一度相談してみてはいかがでしょうか。

そもそも法律で銀行は債務者の相談に応じなければならないと定められているので遠慮することはありません。

そうでなくても他の銀行に借り換えで顧客が流れてしまうことを好ましく思っていないはずです。

このため、何も心配することはありません。


無料で利用できる住宅ローンの相談

一戸建てや分譲マンションなど自分だけの住宅を購入するということは非常に大きな買い物となっており、それを夢としてがんばっている人も少なくありません。

ですがいざ購入となってくると現金でそのまま購入するというのはなかなか難しいため、どうしても住宅ローンを組んで購入するようになります。

そんな住宅ローンは銀行によって色々なサービスやオプションがあります。

どのようなプランでどこの銀行から融資を受ければいいのかというところは非常に大きな決断となります。


だからこそしっかり検討したいのですが、知識や経験がない場合はどのように検討すればいいのか分からないという人も多いようでう。

おすすめされているのが住宅ローン関連の無料相談サービスです。

これは名前の通り無料で住宅ローンに関連する質問や相談を請け負っているサービスです。

それぞれの銀行がやっていることもあれば専門の業者がセミナーや講座を開設して窓口を設けている場合もあります。

メリットとしてはまず専門家の話を聴くことができるというところであり、何も知らないままローンを組むというリスクを避けることができます。

また、自分たちが購入したい住宅にあわせたローン計画なども一緒にシミュレートしてくれます

それに見合ったローンを組んでくれる銀行などを紹介してくれる場合もあります。

ただしいつでも無料で相談できるわけではないため、タイミングなどを考えながら利用することがポイントです。